プレミア試写会から東京試写会、大阪試写会、名古屋試写会、舞台挨拶のある試写会募集情報。劇場鑑賞券プレゼント情報、舞台挨拶のあるチケット販売情報、無料動画の配信情報やお得節約情報までタイムリーな情報をお届けするブログです。

試写会情報とお得節約情報

試写会が当選したら



ラッキーにも試写会に当選したら後は当日試写会へ足を運ぶだけです。
事前に場所を調べて迷子にならないようにしましょう。
試写会は時間厳守です。
映画館へ映画を観に行くのとわけが違うので余裕を持って会場へ入ってください。

●試写会は基本長蛇の列

試写会は会場へ到着した人から並びます。
席は早い者勝ちなので良い席で見たい人ははやめに会場へ入りましょう。
最近は映画館での試写会が多いので映画館の場合は席を事前に取れる場合があります。
その場合は早くに行き、席を取ってから喫茶店でまったり待つなんて素敵な時間を過ごせることも・・・
しかし大抵は並んで待つことになります。
試写会の達人たちはめちゃくちゃ会場に入るのが早いですが(笑)そこそこの席でも十分楽しめるのであまり気にしなくてもいいかなぁと思います。


特に注意が必要なのは親子試写会です。
親子試写会の場合大人だけでなくお子さんと並んで待つことになります。

●おトイレを駅で済ましておく
●飲み物を持っておく
●時間を潰すものを必ず持参


列に並んでしまうと動きがとれにくくなります。
親切な方が前後に並んでいれば席を外すことも可能かもしれませんが世知辛い世の中そうもいきません。
お子さんのおトイレコールや喉乾いたコールに対応できるようにしましょう。
また退屈したお子さんが動きまわるのを防止するために時間を潰せるものを持たせていきましょう。
携帯ゲーム、本、漫画そういったものが黙らせるのに有効です。笑。
足が痛い、座りたいと言い出すお子さんもいるでしょう。
そんな時の為にゴミ袋をひとつカバンに忍ばせておくのも有効です。
ゴミ袋を敷いて座らせたり、急な雨にも対応できるのでかさばらずオススメです。





  1. 2012年05月13日 11:49 |
  2. 試写会応募の心得
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

試写会応募の心得



試写会なんてどうせ応募しても当たらないと思っていませんか?
はがき出すのは面倒だしインターネットじゃ当たらないでしょ??
いえいえ。
実はそんなことはないんです。
インターネットで応募してもこれが案外当たるんです。
折角タダで映画が観れるチャンスです。
当たらないからといってめげず応募してみませんか?

【試写会応募準備】
●フリーメールアドレスを取得しましょう

相手もボランティアでこんなことをやってるのではないので試写会の応募の記入項目にメルマガに申し込むという欄があるところが多いです。
煩わしいなぁなんて思わずここはできれば申し込んでみましょう。
普通に考えて申し込んでくれない人より申しこんでくれる人を相手も選びたいですよね。
そこでフリーメールの出番です。
このさい試写会用のアドレスを取得するくらいの気持ちでいきましょう。
中にはメルマガ限定で募集する素敵な企画だってあります。
(映画だけでなくTV局のメルマガだとTV番組の観覧募集なんていうのもメルマガで募集したりすることも…そんな募集も応募できたりするので煩わしいだけではないと思います)


【試写会応募】
●観たい映画はどんどん応募

はい。
実はこれだけです。
簡単でしょ?
ただひとつだけ注意が必要なのが・・・

【試写会応募への注意】
●必ず観たい映画へ応募。ちゃんと当選した場合足を運べるものだけに応募しましょう。

当選したのに行かないのは論外です。
次からそこで当たらないことが考えられます。
PCで応募者を管理できる時代ですから注意が必要です
(なぜなら当日会場入口で住所、名前の入った招待券は回収されてしまいます)
興味のない映画への応募は危険です。
なぜならそういう映画ほど不思議とあたったりするものなんです。苦笑
必ず観たい映画、行けそうな日程、足を運べる場所に応募するのが必須です。

●不正はいけません

当たり前のことですが不正はいけません。
数撃ちゃ当たると思って存在しない人で応募するのはやめましょう。
プレミア試写会でないかぎり試写会で身分証明を提示なんてことはまずないですがそこまでしなくてもいつか当たります。
試写会は届いた案内はがきが入場券となります。
住所と名前。会社によっては応募した人の年齢等が記載されてたりします。
そのハガキは試写当日会場入り口で回収されてしまうので誰か来て誰か来なかったか管理しようと思えば簡単ですよね。
試写会は応募した人と付き添いが一人に入場できます。
たとえばあなたが若い女性でお父さんの名前で応募しちゃったりすると中年男性を一人連れて行かないと観にいけなくなっちゃいます。笑

試写会の魅力はまだ上映していない映画を誰よりもしかもタダで楽しめることです。
どうしても大きな都市でしか開催されない傾向がありますが最近は映画館での試写会も増えて少し参加しやすくなったと思います。
試写会では配給元や協力している会社からおみやげが貰えたり時にはプレミア試写でなくても舞台挨拶があって生役者さんが拝見できたりすることだってあります。

少しの準備と注意を踏まえて試写会ライフを是非楽しんでみてください。

  1. 2012年05月12日 16:24 |
  2. 試写会応募の心得
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0